人気ブランド香水の人気商品を紹介。口コミや評価、価格などあなたに合う人気香水をさがしてください。

香水を人々が使い始めるようになったのは、実は最近のこと。

香水を人々が日々の生活で使うようになったのは、18世紀くらいのことです。
この時代はまだお風呂が習慣的ではなかったので、香水の目的は「体臭隠し」だったよう。

しかしこのころ使われていた香水は今のような自然な植物的な香りではなく
動物由来原料だったので、匂いがきつかったようです。
これに体臭が混ざるのですから、すばらしくキツイ香りだったでしょう。

その香り問題に改革を起こして解決したのが、悲劇の女王と言われる、
マリー・アントワネット。

マリー・アントワネットは、女性らしい香りを求めて、バラやスミレといった
フローラルな香りの香水を作らせたのです。
更に、実は古代に一般的だった香水風呂を復活させようと試みたりもしたそう。


またナポレオンも香水が好きだったようで、当然オリジナルの香水を作らせたといわれます。
ナポレオンの妃である、ユージェニー皇后のために特別に創った香水が、
実は現在も現役の香水として、立派に市販されているというのも驚きです。

現在、市販されている香水の中でも、古いの香水のひとつといえるでしょう。


香水の文化は、東洋と西洋でもちがいがあったようです。
先ほど書いたのは西洋の香水の歴史ですが、東洋では特に中国で古い医学書に記述があるようです。

唐の時代、玄宗皇帝の寵愛を受けた世界三大美女のひとり楊貴妃も、
体身香(香りを放つ飲み薬のようなもの)を飲んでいたという説があります。
さらに楊貴妃は、全身にも香料を塗り、様々な練香を手放さなかったといわれます。

日本の場合は、日本書紀に記録があります。
香木が漂流したことが起源とされていて、薪として使った木から香りがしたとか。
ただ、香水が日本に伝わってからは、実際には100年ほどしか経過していません。




TOPPAGE  TOP